洗礼されてきたね

「石井さんのブログ洗礼されてきたね。」

とブログを見ている方から言われました。

どういった意味かは分かりませんが、

褒めてもらったのだろうと思っています。

いいんです。言葉の意味を深く掘り下げていない話に関しては

自分が好きなように解釈すれば。

ですので、物事はマイナスに捉えるよりプラスに捉えた方が

絶対に良いので、大抵のことはプラスに捉えるようにしています。

 

それよりも、不定期のブログを読んでいてくれていること、

現在進行形の感想をくれるということは、過去のコラムから

読んでくれている常連であるということ。

感想を伝えてくれたこと。

感謝でしかありません。

私の拙いコラムを読んでいただき、本当にありがとうございます。

 

会社のコラムで綴っていく中で、書きたいことが

かなり明確になってきました。

来年以降に書きたいと思っている内容は

・派遣会社の日常

・「派遣」という働き方について

・働くことについて

など、やはり派遣に関することにはなりますが、

私の視点で綴っていきます。

 

派遣の認知度はとても低く、求職者と

派遣を利用したことがない企業様には、悪い「イメージ」を

持たれている方が多くあります。

以下は実際に私が耳にした、求職者と企業様の声です。

「親から派遣社員での働き方はダメと言われた」

「希望する案件以外を進められた」

「派遣料金が高い」

「派遣のシステムは難しい」

「派遣は続かない」etc…

 

これらの多くは、悪い「イメージ」や不安を持たれている方に、

私たちの役割について伝えきれていないことが原因だと

思います。それらに対して、分かりやすく正しく伝えることは

私たちの使命であり、義務だと思っています。

ですので、私が感じる「派遣」や「働き」について、

等身大のカタチで少しでも多く発信できたらと考えています。

 

「派遣」という働き方が、当たり前に社会の働き方の一つになりますように。

「派遣」で働くことを喜びに感じる方が一人でも増えますように。

願いをこめて。

 

石井