人材派遣会社【キャリアワーク】福岡(太宰府市・筑紫野市・大野城市)

株式会社キャリアワーク…福岡(太宰府市・筑紫野市・大野城市・福岡市・糟屋郡・朝倉市)佐賀(鳥栖・基山)での、人材探し(企業様への派遣)、求人応募(求職者様)は、株式会社キャリアワークへ。

非効率のその先のぬくもり。

2017年8月22日公開 [コラム]

「日本一非効率な醤油つくりをしているんです。」

笑顔でそう話すのは、ヤマロク5代目山本さんだった。

 

<現在の醤油の製造方法>と聞いて、皆さんは何をイメージするだろうか?

私は一番に、とっても大きい銀色の無機質なタンクをイメージした。

しかし、こちらの蔵でつくられている醤油の製造方法は

私のイメージとは全く別のものだった。

 

■ヤマロクの醤油つくり■

(蔵の中)100年以上も前に建てられた蔵。 現在有形文化財としても登録されている。この蔵の柱や土間には醤油をつくるための菌が100種類近くいるという。

(樽を使った醤油製造)直径約2m30cm、高さ約2mの大杉樽。木桶を使った天然醸造による醤油や味噌の生産量はたったの「1%以下」しかいない。

(樽のアップ写真)腐っているわけではなく、この樽にも醤油をつくるための菌が住んでいる。この菌たちがいないと、美味しい醤油ができない。

(樽の中)分かりにくけれど、、、右と左で違う。発酵年数の違いで色が大きく変わる。発酵中はプツプツという音が聞こえるんだって!

 

私たちが普段口にしている醤油は約2~3ヶ月で製造されているそうだ。

それに対し、ヤマロクの醤油は2年~4年掛けて製造されている。

私はそれを聞いてとても驚いた。

思わず「辞めようと思ったり、大変だと感じたことはありませんか?」

と尋ねた。すると山本さんは

「そう言われるけれどこの方法しか知らないですからね~」

「醤油の味が全く違うんです。」

と答えた。

 

試飲をさせていただいたが、今まで私が口にしてきた醤油と全く違う。

塩っぽさがまったくなく、口に広がる醤油の香りが広がる。

製法だけでなく味を知った、私は涙が出そうなくらい感動した。

 

目まぐるしく早いスピードで変化していく時代に

新しいものだけが良いものではない。

スピードアップが効率アップではない。

丁寧な仕事はどこかでどんなカタチかで伝わる。

ことを頭ではなく心で知ったような気がした。

それを知ったとき、心が熱くなる何かを感じた。

 

********************************************

ここ最近はこのコラムや求人などでも反応が

少しずつあって、顔が見えなくても文字にも想いって

乗せられるのかな、なんてことを考えたりします。

見えないアナタにキャリアワークが届けられるよう

更に仕事がやる気が出た、醤油見学でした。

お盆休み明けもまっすぐ頑張ります*^^*

 

私がスッポリ入るくらいの大きさ!

Written by Ishii